« July 2016 | Main | September 2016 »

プロから習うワークショップ①消しゴムはんこで作るうちわ講座終了しました。

消しゴムハンコで作るうちわ講座、終了しました。シムラミサト先生の120個以上あるオリジナルハンコを使って自由にスタンプ!かわいいうちわが出来上がりました。静岡新聞にも消しゴムはんこで作るうちわ講座のことが掲載されました。プロから習うワークショップ、不定期で続けていきたいと思います。



静岡新聞8月21日(日曜日)22面




| | Comments (0)
|

臨時休業のおしらせ

親友のお父様が亡くなりました。
本当に急なことでした。

本日19日、明日20日の午後は
臨時休業とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)
|

消しゴムハンコをデザイナーから習う!




プロから習う!
消しゴムハンコで作る
オリジナルうちわワークショップ
講師 デザイナーのシムラミサト先生
日時 2016年8月20日(土)10:00~11:30

先日、消しゴムハンコをこれからはじめるところだと、たまたま知人から聞きました。流行っているんですね。検索すると膨大な数の作品を見ることができました。

まず上手な人のを見て盗む(学ぶ)ということが大事だなと感じました。しかし、それよりもずっと早いのが「きちんと習う」だと思います。今回はその絶好のチャンス!

自分の模様を作ってみたい人、消しゴムハンコってどんなものか知りたい人、消しゴムハンコ作りをステップアップしたい人には絶対にオススメの講座です。

まだ若干名空きがございます。お申し込みは下記までよろしくお願いいたします。

お申し込み・お問い合わせ
お名前(お子さんの場合は年齢と保護者氏名)、携帯番号をお書き添えください。
YUTORI ART&CRAFT
090-3587-1596
inagaki.yuri@gmail.com

定員 8名
対象 小学生(5歳以下は保護者の方も一緒に参加いただければ可)
日時 2016年8月20日(土)10:00~11:30
参加費 3000円(税別)
会場 YUTORI ART&CRAFT

【プロフィール】
Hitogara/シムラミサト(デザイナー/消しゴムはんこ作家)
1987年静岡生まれ。デザイン専門学校を卒業後、イラスト・グラフィックデザインの制作会社にデザイナーとして在籍。2014年より、消しゴムはんこによるパターンを制作しInstagram(@hitogarajp)で発表。

| | Comments (0)
|

身近な人のものを受けつぐこと

糸好き・布好きは遺伝すると思いますか?
母や祖母が手芸好きで…というお客様はよくいらっしゃるのですが、お話を伺っていると、いいものにふれて育てば自然に目も肥え、良い糸・布がわかるようになってしまうのではないかと思います。

先日、編み物が大好きだったというお母さまの遺品の糸をお持ちになってご来店をいただきました。...本当に良い糸ばかり!きっとこれら糸を編まないで亡くなったのは心残りだったはず・・・と感じました。そのお嬢さんもその糸を大切に思って、何か作ればきっと喜んでくださるはずです。こういう時って糸を見ながら、所謂「素材と話をする」時間が大切です。焦らず、じっくり糸を眺めて想う時間が必要です。
そのお手伝い、させていただけることに感謝。

つづれ用の櫛は先日、染織家の宮井喜久子先生から譲っていただきました。形も手触りも素晴らしいです。私も、道具も材料も、できるだけ大事にしてくれそうな人のところに渡していきたいです。13912806_896969953740749_59798936_3

| | Comments (0)
|

藍の生葉染め、いかがでしょうか?

https://magis.to/I3x8UU1ZFkV6eHoBDmEwCX13?l=vsm&o=i&c=c
旬の色です。お盆明けくらいまで出来ますよー。
野蚕ストール+体験で4500円です。

| | Comments (0)
|

夏季営業などなど

毎日本当に暑いですね。
YUTORI ART&CRAFTは本日9日が臨時休業です。その他は定休日(日月曜日)以外通常営業になっております。

週末は譲っていただいた機織り機を掃除、点検していました。送られてくるまでどのような機織り機か全くわからなかったのですが、今まで見てきた中でも1番大きなタイプのものでした。機織り機界のVOLVO(スエーデン製でごつい感じが似てる?)しかもダブルビーム(経糸を2種類張れる)。ただ、説明書と一部の部品と金具類が一切なく、現在注文を出しているところです。そんなわけですぐ使えないならば、とすべての部品をピカピカに磨くことにしました。照りつける日差しの中、エタノールで全てをきれいに拭いて、完璧に干してそれからしまう… 2日がかりでした。部品の多さに驚きです。隣の人が引っ越すのかと思って見に来た位です。ものすごく手間はかかるのですが、その分早くこれで織ってみたいなとワクワクもしています。街のアトリエには持っていけない大きさなので、組み立てた後もお見せできなくて残念(T_T)また追加報告をいたしますね。(写真右上はイメージです)



| | Comments (0)
|

« July 2016 | Main | September 2016 »