« 福島の鈴木美佐子先生に真綿を学ぶ | Main | 手描き染め体験☆エコバック作り »

福島 染織工房おりおり 2日目

福島の染織工房おりおり、鈴木美佐子先生のところにお邪魔して2日目。福島は真綿の産地で、国産の絹を現在でも生産を続けている貴重な地です。本日は角真綿の作り方と真綿から糸を紬ぐ方法を学びました。
真綿(まわた)とは、絹の一種で蚕の繭を煮た物を引き伸ばして綿(わた)にした物。ウールや綿麻は「紡ぐ」、真綿は「紬」。おなじ「つむぐ」という言葉ですが、違う字をあてるんですね。

つむぎいと【紬糸】
屑繭(くずまゆ)または真綿に手で縒(よ)りをかけて紡いだ太くて節の多い絹糸。
Image


ランチはなんとピザ!好きな具を自分でのっけてお庭の窯で焼いていただきました。茜と八重のドクダミの苗を頂いたので、大事に育てましょう。
Image_2


|
|

« 福島の鈴木美佐子先生に真綿を学ぶ | Main | 手描き染め体験☆エコバック作り »

Diary」カテゴリの記事

Textile」カテゴリの記事