« 人気投票第二位!結十布(ゆいと-ふ)大健闘でした | Main | 秋冬のおしらせ »

染織αが休刊・・・

かなりのショックで思わず、ずっとサボっていたブログを再開しました。染織αという専門誌が休刊することになってしまったのです。この雑誌は1981年創刊という歴史の有る雑誌で、私も学生の頃からよく見ておりました。しかも、あろうことか・・・今号に私の妹の稲垣仁美が4ページにわたって特集されているのです。(妹は絞り染めを専門にやっています。大変素晴らしい記事なのでよかったら見てください)

しかし、なんとまあ・・・。本当にびっくりしました。

でも、確かに分かる気がします。実は、私も最近はあんまり見ていなかったのです。正直、あまり面白くない・・・。発行から10年くらいのものが最も面白く、私達が学生だった10年くらい前のものはかなり面白かったです。しかし、ここ最近のものは手には取ってみるものの、買うところまではいけませんでした。

休刊を報せる「読者の皆様へ」というお知らせの文章の中に

「月刊「染織α」誌は1981年の創刊以来、読者の皆様のご支援のもとに、染織文化の発展のため努めてまいりました。しかし、染織界を取り巻く状況も激変し、染織愛好家の方々のご要望に必ずしも対応し切れなくなってきてまいりました。

月刊「染織α」は諸般の事情により休刊いたします。(以下つづく)」

とありました。確かに最近の染織愛好家?というか手工芸全体が活気がない、カルチャースクールのクラフト系主催者の現状は過酷です。ロハスだなんだといっても「簡単・便利・安い」というのが当たり前になった昨今、コツコツ作る地味な手工芸の講座は、あまり人気がありません。私もカルチャースクールなどで講座をさせて頂く時「かわいいものを短時間で失敗がなく完璧に安く!」作れるようにということを、いつも求められます。きっと物をじっくり作ることに喜びを感じる人が減っているのだろうと思います。染織αの休刊は、そういう現状を改めて突きつけられた気がしました。

出版元の染織と生活社は、田中直染料店という染料・道具などを一式取り扱って下さっている会社で、私もよく利用させていただいています。素人でも上手に染められるように、大変良く考えられた染料が売られています。私自身は新しいものも大好きなので、草木染め以外にも、最新の化学染料をよく取り寄せて試しています。初めての素材はドキドキしながら試します。そういう時間は仕事とは言えないかもしれないけれど、とても楽しい大切な時間です。作品も講座のネタもそういう時間から生まれていきます。

染織αは休刊になってしまったけれど、また時代が変わることもあるのなぁ・・・。最新号で休刊号の染織αを手にして、妹が載っているうれしさももちろんあるのだけれど、どうしても、ちょっと寂しい気持ちになりました。

|
|

« 人気投票第二位!結十布(ゆいと-ふ)大健闘でした | Main | 秋冬のおしらせ »

Diary」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90493/15806647

Listed below are links to weblogs that reference 染織αが休刊・・・:

« 人気投票第二位!結十布(ゆいと-ふ)大健闘でした | Main | 秋冬のおしらせ »